HOME > 着物 紋付のお話

着物 紋付のお話

紋付について知っててよかった常識や、紋付に関する大切な知識をお話したいと思います。

黒紋付は喪服ではないのです。 織は「皇室献上絹製織工場」小熊機業有限会社で織る。
黒紋付は日本女性の必需品です。 染は良質の白生地を良質の染屋で染める。
黒紋付は品質本位で選びましょう。 生繰生糸(なまぐりきいと)・撰期撰繭表
みます屋の黒紋付がなぜいいのか? 墨打基準寸法
生地が違う! 重要なのは「糸」 檳椰子堅牢染 主要工程順色相表
12日目で「ガ」になる。 いつまでも変わらぬ美しい黒、永遠の黒
120℃の熱風を8時間あて、乾燥した繭にする。 絶対の自信
生繰生糸(なまぐりきいと)は蛾になるまでの10日間で糸を引きます。  
黒紋付は喪服ではないのです。
黒紋付は喪服ではないのです。
  • 黒紋付、喪服と皆さんはどちらが本当なの?と疑問をお持ちだと思います。
    喪服とは仏事での着方、即ち喪服姿の時の言い方であります。
  • 昔は結婚式で媒酌人や臨席の親族の方々は、花嫁を引き立てるために 「五ツ紋黒紋付」 に錦の袋帯で装いました。
  • 現在では学校や会社の儀式でも、「五ツ紋黒紋付」 に袴が正式な装いで、いまなお伝統を伝える宝塚歌劇団やその他において、卒業風景として残されております。
  • 黒紋付は五ツ紋の第一礼服のきものとして、格式ある装いです。 黒紋付は五ツ紋の第一礼服の着物として、格式ある装いです。
    黒紋付は様々なバリエーションを持っています。幾代と受け継がれる高品質のものを選ぶのが良いとされています。
黒紋付は日本女性の必需品です。
黒紋付は日本女性の必需品です。
  • 黒紋付は五ツ紋の第一礼装。縁起ものです。
  • ご両親からお嬢様への愛情で早目、早目にお作りになられます。
    背紋はご先祖様を意味します。
  • お嬢様の幸せのためのお守りにつながります。
お嬢様の幸せのためのお守りにつながります。
  • いろいろな儀式の中には、洋服では済まない場合が必ずあります。
  • 着物姿の多い儀式はそのご家庭の繁栄を象徴しています。
  • お嬢様に嫁ぎ先で恥ずかしい思いをさせては大変です。

このページのトップへ戻る

「日本のへそ」である兵庫県西脇市で、着物や小物の販売を行っております。
販売以外にシミ抜きや染め替え、丸洗い、洗い張りなどの着物のクリーニングやリフォームも承っております。

Copyright © みます屋. All Rights Reserved.