HOME > 着物 紋付のお話

着物 紋付のお話

みます屋 紋付について知っててよかった常識、紋付けに関する大切な知識をお話したいと思います。

黒紋付は喪服ではないのです。 織は「皇室献上絹製織工場」小熊機業有限会社で織る。
黒紋付は日本女性の必需品です。 染は良質の白生地を良質の染屋で染める。
黒紋付は品質本位で選びましょう。 生繰生糸(なまぐりきいと)・撰期撰繭表
みます屋の黒紋付がなぜいいのか? 墨打基準寸法
生地が違う! 重要なのは「糸」 檳椰子堅牢染 主要工程順色相表
12日目で「ガ」になる。 いつまでも変わらぬ美しい黒、永遠の黒
120℃の熱風を8時間あて、乾燥した繭にする。 絶対の自信
生繰生糸(なまぐりきいと)は蛾になるまでの10日間で糸を引きます。  
黒紋付は品質本位で選びましょう。
黒紋付は品質本位で選びましょう。

ポイントは・・・生地 と 染め!

  • 理由1. 一生に一度の買い物だから。
  • 理由2. 黒紋付は並んで着ると良し悪しがはっきりするから。
  • 理由3. 先祖供養の気持ちで作るものだから。

黒紋付の上手な作り方

  • 家族全員が健康な時。
    • 家族や親族の誰かが病気の時は作れない。
  • 着物の中で一番に揃えるもの。
    • 黒紋付(五ツ紋)の着物は最高の晴れ着で縁起の良いものです。
    • 大人の証しとして作られます。
    • 19歳の厄除けとして揃えられます。
  • 夏・冬セットで買う。
    • 先祖供養として作るので両方いります。
    • 夏冬両方ないと間に合わない。
  • 品質本位で買う -生地・染めが良い
    • 生地/しわの問題
    • 染め/黒の色
    • 長持ちして結局お得になる。
  • 通常よりもお買い得の時に買う。
    • キャンペーン中ならいろいろサービス・特典がある。
みます屋の黒紋付がなぜいいのか?

みます屋オリジナル黒紋付

  • 素材は?
    生繭、四千個を使用!

    なまぐりきいと
    「生繰生糸」

    生繰生糸(なまぐりきいと)は、春・夏・秋・晩秋の年4回しか繭のとれない最高級糸。 全生糸のうち占める割合はわずか1%たらずという、まさに稀有の糸です。
    その一級の生繭を、高熱処理せず常温でさなぎが生きたまま、糸を繰っております。
    この昔ながらの丁寧な手法が、みずみずしく柔軟でしわになりにくい糸を誕生させました!
  • 染色は?
    六回以上の重ね染め!

     びんろうじ
    「檳榔子染」

    別名「憲法染」。かの京都一条の剣豪「吉岡憲法」がやしの実(檳椰子)を用い、十数回引染めをして黒紋付を染めたことに始まります。
    この何回にもわたる重ね染が、どの黒よりも黒く染まる秘訣です。 「深い発色と風合」をどうぞ手にとってお確かめください。

このページのトップへ戻る

「日本のへそ」である兵庫県西脇市で、着物や小物の販売を行っております。
販売以外にシミ抜きや染め替え、丸洗い、洗い張りなどの着物のクリーニングやリフォームも承っております。

Copyright © みます屋. All Rights Reserved.