HOME > 着物 紋付のお話

着物 紋付のお話

みます屋 紋付について知っててよかった常識、紋付けに関する大切な知識をお話したいと思います。

黒紋付は喪服ではないのです。 織は「皇室献上絹製織工場」小熊機業有限会社で織る。
黒紋付は日本女性の必需品です。 染は良質の白生地を良質の染屋で染める。
黒紋付は品質本位で選びましょう。 生繰生糸(なまぐりきいと)・撰期撰繭表
みます屋の黒紋付がなぜいいのか? 墨打基準寸法
生地が違う! 重要なのは「糸」 檳椰子堅牢染 主要工程順色相表
12日目で「ガ」になる。 いつまでも変わらぬ美しい黒、永遠の黒
120℃の熱風を8時間あて、乾燥した繭にする。 絶対の自信
生繰生糸(なまぐりきいと)は蛾になるまでの10日間で糸を引きます。  
生地が違う! 重要なのは「糸」

 なまぐりきいと
「生繰生糸」とは・・・

琴の弦
日本の心を奏でる琴の弦は、今日もなお、生繰生糸(なまぐりきいと)から作られています。
正倉院 絹織物裂
正倉院に絹織物裂が現存するのは、生繰生糸(なまぐりきいと)を使用した織物だからといわれています。
12日目で「ガ」になる。

蛾がマユを喰い破ると、糸が傷つき生糸がとれない。

蛾がマユを喰い破ると、糸が傷つき生糸がとれない。

120℃の熱風を8時間あて続けてサナギを殺し、乾燥した繭にする。

普通の糸=乾繭の場合(99%)

120℃の熱風を8時間あて続けてサナギを殺し、乾燥した繭にする。

でも、生糸は髪の毛と同じタンパク質。
熱を加えられると堅く変質し、質が低下し生糸本来の伸縮性を失う。
このような糸を業界では、針金糸といわれている。

生繰生糸(なまぐりきいと)は蛾になるまでの10日間で糸を引きます。

生きた糸=生繭生糸の場合(1%)

熱処理をせずに生きてる間に糸をとる。

春と秋の終りのA級のものだけを使用して一反の白生地を作るのに、約4,000個の繭を使用します。

限定1500人に一人の割合!

このページのトップへ戻る

「日本のへそ」である兵庫県西脇市で、着物や小物の販売を行っております。
販売以外にシミ抜きや染め替え、丸洗い、洗い張りなどの着物のクリーニングやリフォームも承っております。

Copyright © みます屋. All Rights Reserved.